2017ニューヨーク

ANAマイルでファーストクラス ニューヨーク行きNH110便 ファーストクラス機内食を公開

一度はやってみたかったファーストクラスでのニューヨーク。その機内編になります。

美味しいモノ食べてこそ旅である

と信じている私。

ファーストクラスに乗ると決まってから、何度も何度もニューヨーク便の機内食とドリンクのメニューを見ては、夢と想像を膨らませてきました。

機内食のメニューは3ヶ月毎の更新(6〜8月が同じメニュー)です。ANAのHPで確認できます。

B777-300ER 半個室のANA FIRST SQUAREシート

ビジネスクラスには何度が乗ったことがあるのですが、ファーストクラスは初めて。

予約時点で1Aが埋まっていたので、2Aを選びました。

ANAファーストクラス 座席

CAさんに勧められるままに、リラックスウエアに着替え。お洋服はCAさんに預けます。

実は、これ、数日前からとても悩ましかったです。CAさんに洋服セレクトを見られてしまうと思うと、ドキドキですよね。結局、NYブランドのワンピースにしました。

ANAファーストクラス 座席

爪先を伸ばしても足が届かない〜。

アメニティをとるのにも体を起こして、シートベルトを外して、手を伸ばしてとるくらいの広さ。

アメニティはサムソナイトの紫のポーチに、資生堂のTHE GINZAのコスメが入っています。化粧室にも、化粧水・乳液・歯ブラシなど一通り揃っている上に、追加のアメニティ(歯ブラシ、リップ、レッグリフレッシュシート等)をCAさんよりいただいたので、これを開けて使うことはありませんでした。

ウェルカムドリンクは、シャンパンかオレンジジュースを選べます。もちろんシャンパンをいただきました。

ANAファーストクラス ウェルカムドリンク

それにしても、窓を4つくらい占有しているはずなのに、なんとももったいない造りです。高い壁に囲まれた、個室感たっぷりの空間になっているため、外が見える窓はたった1つ。そして窓が遠いっ(;゚ロ゚)

当便、ファーストクラスのお客さんは4名でした。

ラウンジでお知り合いになった方と一緒に食事をするという約束にしていたので、窓際の席をリラックス席、中側の席を食事席として使用させていただきました。

ANAファーストクラス 座席

機内食(1回目)の洋食フルコース

日本発の和食は美味しいとの噂もありますが、最初から決めていた洋食をお願いしました。

ANAファーストクラス メニュー

今回のお楽しみは、食事もそうなんですが、なんといってもシャンパンのKRUG。

白ワインや赤ワインに浮気することなくシャンパンを飲み続けられるよう、アペタイザーやメインも、もちろん決めています(笑)

アミューズ

念願のKRUGと供に、まずはアミューズがやってきました。

ANAファーストクラス アミューズ

メニューには載っていないと思っていたら、ドリンクメニューに書いてありました。

ANAファーストクラス ドリンクメニュー

  • 紋甲烏賊とインカのめざめをビーフコンソメジェリーとともに
  • 鱸のマリネと卵黄の味噌漬け かぼすの香り
  • 鴨のリエット ポートワイン風味
  • 宮城県産牡蠣のスモークと2種の野菜のプロシェット

(写真は右上から反時計回り)

シャンパーニュ・クリュッグ グランド・キュヴェ

そして記念撮影。これをどうしても撮りたかったんです。

ANAファーストクラス シャンパン

アミューズは結構ボリュームもあって、KRUG1杯とこのアミューズをいただくのに30分ほどかかってしまいました。 

さて、テーブルセッティングの後、お楽しみのフルコース、スタートです♪

ANAファーストクラス 食事

アペタイザー

5月末にメニューが発表されてから、一番悩んだのがこのアペタイザーです。

陸分度器さんが美味しかったと言っていた「桃とポテトのヴィシソワーズ」にも、TASTE OF JAPANの徳島の「食」で紹介されていた「鮑のエチュペ」にも惹かれました。

ここは初志貫徹、事前に決めていたものをオーダーしました。

ANAファーストクラス アペタイザー

  • オマール海老と帆立貝のソフトスモーク入りズッキーニのムース キャビア添

キャビア添えと書いてあったけど、瓶ごと出てきたよ。オマール海老にキャビアってどんだけ贅沢なの。まだ前菜なんですけど。。。と、すっかりおのぼりさん状態。

パンも4種類の中から2つ、いただきました。

KRUGの2杯目と、飲み比べにもう1種類のシャンパンも。

シャンパーニュ・ジャクソン・キュヴェ N740

ANAファーストクラス シャンパン

サラダ

ANAファーストクラス サラダ

  • ガーデンサラダにチーズクルトンを添えて

ドレッシングは2種類の中から、キャロットとレモンの香るノンオイルドレッシングを選びました。

この時点で出発から2時間経過。12:20です。

スープ

ANAファーストクラス スープ

  • コーンスープ

この時点で、やばい。かなりお腹がいっぱいです。

メインディッシュ

メインは迷うことなく、KRUGに合わせるつもりでこちらを選びました。

ANAファーストクラス メイン

  • 帆立貝のムースを包んだ徳島県産鱧のスチームにサフランとトリュフの香りのクリームソース

関西出身なので、ハモ好きなんです。でも、いつもはハモの湯引き、天ぷら、ハモすき等の和食なので、こういった洋食でのハモは初めて。それもトリュフの香りときたらテンションマックスです。

なんとなく、白ワインも飲みたくなってきたので、ほんの少しいただきました。

シャブリ・プルミエ・クリュ・ニコラ・ポテル 2014

ANAファーストクラス ワイン

ここでもうお腹いっぱい。この時点で出発より3時間経過。残りは、寝て起きた後にいただくことにしました。

ファーストクラス4人のうち、私以外はみな欧米人。食事が終わったと同時に、しっかりとお休みモードでした。NY時間夜の0時ですから、時差対策にも睡眠は大事。お仕事でファーストクラスに乗るような方は、切り替えがしっかりしているんですね。

私も到着日夜のバレエ鑑賞を万全の体調で臨むために、めざせ7時間睡眠! TWGのカモミールティーをいただき、東京西川の軽くて肌触りのよいベッドに身を包みます。なかなか寝付けませんでしたが、6時間くらいは眠れたのではないかと思います。

デザート

結局、デザートは着陸前のお食事の後にいただきました。

ANAファーストクラス デザート

  • 阿波和三盆クリームあんみつ

これはイメージと異なり、私には甘過ぎました。あんも、クリームも、アイスも、桃もどれも甘いんです。デザートには酸味と甘みのバランスが欲しい私には、ミスチョイスでした。

チーズプレート、プティフールも食べたかったな。(お腹いっぱい)

着陸前のお食事 吉兆の鯛茶漬け

「ゆっくり眠って今晩に備えたい」旨を伝えていましたので、CAさんの気遣いで、少し遅めの着陸1時間半前に起こしていただきました。

起き抜けには、期間限定ドリンクをいただきました。

ANAファーストクラス ジュース

うんしゅう蜜柑ジュース

千疋屋お届けのみかんジュース。甘みと酸味のバランスがよく(自然な甘み強め)、KRUGいただくよりもゴクゴクと2杯も飲んでしまいました。

着陸前のお食事も、和食と洋食が選べるのですが、メニューを見ても、ブラッドオレンジジャム以外に食べたいものがありませんでした。なので、本来であれば、食事と食事の間の、小腹がすいた時にいただける軽いお食事メニューから、こちらをいただきました。

ANAファーストクラス 朝食 鯛茶漬け

  • 京都吉兆 徳岡氏監修の鯛茶漬け

まずは胡麻だれを鯛に直接かけてお刺身として、次にご飯の上に載せて薬味とともに、最後は熱々のお出汁をかけていただきます。

何だか聞いたことある食べ方と思ったら、これ、ひつまぶしの食べ方ですね。

飲み過ぎ食べ過ぎで疲れた胃腸には、温かいご飯と、熱々のお出汁がとても優しかったです。

サプライズなお土産

そうこうしているうちに、もうすぐ着陸態勢に入るとのことで、その前に着替えをすませました。

着替えから戻ると、CAさんよりご挨拶とともに、子供達へのお土産をいただきました。

ANAファーストクラス お土産

トランプ、おりがみ、飛行機風船と、スターウォーズジェットの組み立て飛行機です。このセットを子供2人分、お土産としていただきました。

子供2人を旦那に預けて旅行をしていること等、ちょっと話したことを覚えていてくれて、そしてこんな素敵なお土産いただいて、とても嬉しかったです。(自分へのお土産になっちゃうかもしれませんが)

初めてのファーストクラス、最初で最後かもしれないファーストクラス。

夜のメインイベントをベストな状態でのぞめるよう遅めに起こしてくれたり、帰国後の子供達へのことを考えてお土産を用意してくれるCAさんの心遣い。

KRUGやキャビアも美味しいけど、CAさんのその気遣いが何よりもファーストクラスの醍醐味だと感じました。

関連文書